うつ病の現状

うつ病診断のこれまで

うつ病は現代増えている病気です。原因は情報時代の複雑化などによりストレスがかかるためです。今は簡単にネット上で質問に答えていくだけで簡易検査ができるサイトもありますが、こう言ったサイトで診断するだけではなく、専門家(医者)などによる正確な診断が必要となります。うつ病などの精神病の治療は投薬治療が行われますのでしっかり長期に渡る投薬が必要となります。うつ病は作られた病気とも言われます。抗うつ薬のプロザックが出て20年がたち、今ではうつ病という名前で説明されるようになりました。国立精神衛生研究所(NIMH)によると、アメリカでは年間1400万人がうつ病に罹患し、3千万人以上の人が抗うつ薬におよそ100億ドルを費やしています。

これからの動向について

病気と診断されたら、早急に治療を始める必要があります。うつ病は医者と製薬会社が作り出したものだと言われることもあります。うつ状態は脳内の物質のバランス崩れによって引き起こされます。このため処方薬によって治療できる病気だとされています。このような診断によって様々な社会活動などの意欲を奪ってしまうことがあります。製薬会社はふせぎ込むのは病気のせいだと社会に認知させました、そして薬の宣伝をして今に至ります。これからはますますうつ病や精神病と言った物が増えていく社会になっていくと思いますが、それに立ち向かえるようなシステムや知識が必要となります。システムや知識があることによって救われる人が大勢います。