確認を行なう

まずはセルフチェックから

自分がうつかもと思う事は誰にでもあるのではないでしょうか。 まったく無いと言い切れるのもとても良い事です。しかしそういう人だとて、うつがまったく無縁な訳ではありません。 今はインターネットでうつのセルフチェックとかが沢山あったりします。 簡単に自己診断出来るのはとても良い事です。うつの気がある人は試しに自己診断をしてみるのを勧めます。 うつでは無いと言い切れる人でも、どんな事が聞かれるのかを試してみるのも良いのではないでしょうか。 実際うつは個人の問題であるとともに社会の問題です。正しい理解と対策は社会全体の皆に求められていると言えます。 そういった社会問題という背景から、うつに対しては無料診断やら相談窓口といったものが数多く設けられています。

利用できるものは増えています

うつが社会問題として取りあげられるようになってから長い時が経過しています。 それでも正しい理解が広まったのかというと、決してそうではないと言うことが出来るでしょう。 甘えではないのかという意見が出るのもわからない事ではありません。 行動や反応を類型して観察した場合、それが甘えなのかどうかを見分ける事など出来ないとも言えます。 しかしこれを他の病と同様に考えた時、例えば内蔵の疾患を診断出来る素人がどれ程いるというのでしょうか。 残念な事に、理解がされにくいということもこの病の特性として認識しておく必要があります。 ですが現在、理解が十分に広まった訳ではないにせよ、利用できるものはどんどんと増え続けていると言えます。 相談窓口、抗うつ剤など、以前よりはるかに充実しています。うつ病に対する環境は、良くなってきていると言えるのです。

おかしいなと思ったら

うつ病にならないための対策を練ることは非常に大切なことです。そして、もし自分がうつなのかと感じたらその後の対処の仕方も重要になります。 うつ病は、一度治ったと思っても再発する可能性が大きい病気です。うつが重症化すればするほど、治るのにも時間がかかります。大切なのは、重症化する前に早めの受診をすることです。 うつ病は恥ずかしい病気ではないのです。診断を受けることは、治療への第一歩です。うつ病は、真面目で一生懸命、頑張り屋な人に多く見受けられます。それゆえ、会社に迷惑をかけることが嫌なのです。そうして診断が遅れてしまうと、悪循環なのです。まずは、病院へ受診し、診断を受けることです。それから、診断書を貰い、ゆっくりと休養することです。 うつ病は心が弱い人がなるのではないということを理解しておくことが大切です。