早めに見つける

うつ病について知っておくと良い情報

うつ病は症状が表に出てはっきりとしているものは、家族が気付いたり本人が気付くことで診断を受けにいくことができます。しかし最近多くなっている「かくれうつ病」は本人も気付かない場合があります。頭痛や睡眠不足と感じることが多くなっても心の症状が出にくいものを「かくれうつ病」と呼びます。この場合は内科で色々と診察を受けても身体の不調があまり改善されず長引くのが特徴です。このような症状が見られる場合は精神科や心療内科を受診してみると良いでしょう。かくれうつ病の場合には、内科的・外科的な治療で改善されなかった症状が抗うつ剤によって劇的に改善することが多く、治るのも早いと言われています。このような病気があることを知っておくだけでも万が一家族や自分がそのような症状になった時に役立つでしょう。

早く気付くことで得られる大きなメリット

うつ病は早く気付いて診断・治療を行うことで、症状が改善するのが早くなるというメリットがあります。心理的なものであるため、周囲の人が気付きにくい病気であるため見過ごされるケースが多く、症状が重くなってから周囲の人が病院へ行くよう促したり本人が病院へ足を運ぶケースが増えています。しかし、人間は内心と違う表情や行動をし続けることは難しい生き物で、日々の生活の中でと気として表情や行動が変化することがあります。それはより身近な人でしか気付きにくいことではありますが、だからこそ早く気付けるというメリットがあります。毎日行っていたことを急にやめてしまったり、食欲が落ちてきていたり起こりっぽくなるなどの変化に気付いた時には、本人に診断へ行くように言う前に家族が医師に相談するのも良いでしょう。事前に医師や病院の環境を知ることができるというメリットもありますし、医師が診察を行う時もスムーズに診断できるというメリットがあります。