治療の始まり

これからはこういう類の病気が増えます

「うつの診断の決め手」 現代においてうつ病ではないかと思われる人は沢山います。実際に病院に通っていない人でもそうではないかと思われる人が多いです。どのような症状がうつ病の診断の決め手になるのかはっきりした基準はありません。又この病気は自覚症状はかなりあるのですが、本人が認めたくない為に診断が遅れます。実際に病院に行き始めた頃にはかなり病状が進んでいることが多いです。 「うつと診断されたら」 はっきりうつ病ですと診断されると治療にかかります。しかし、普通の病気と違い、少しの違いで病気なのか、健康なのかわかりにくい所もあります。それに原因がはっきり分からない事が多いのが特徴です。自宅の生活に問題があるのか、又は職場の環境に問題があるのか、原因をはっきりさせなければなりません。

うつは一種の精神病です。

「精神病」 精神を病むために発症するのがうつ病です。昔はうつ病という病気はありませんでした。ひとくくりで精神病でした。最近は精神の病も細かく分類され、色んな種類の病気が出てきました。うつ病に限らず精神を病んでいる人はとかく考え方が暗い方向に進みます。まずは考え方を明るい方向に進ませる事が重要です。 「ストレス」 原因の分からない病気は殆どがストレスという事になります。実際にストレスが原因の事が多いのだとは思います。しかし、ストレスにも色々種類があります。自分自身が認識しているストレスは解決方法も考えやすいです。しかし、無意識に発生しているストレスは解決の方法が難しいです。人間関係の難しい会社を退職しました。それでも治りません。やはり、根本的に考え方から変える必要があります。